五臓六腑

「五臓六腑(ごぞうろっぷ)」って耳にしたことあると思いますが、私が頭に浮かぶのは、お酒を飲んで「ぷは~、五臓六腑に浸み渡るぜ!」という場面です。

ところで五臓六腑って内臓のことだとは想像しますが、具体的には何を指すのでしょうか?

一般的には
五臓=肝臓(かんぞう)・心臓(しんぞう)・脾臓(ひぞう)・肺(はい)・腎臓(じんぞう)
六腑=胆のう(たんのう)・小腸(しょうちょう)・胃(い)・大腸(だいちょう)・膀胱(ぼうこう)・三焦(さんしょう)五臓,六腑
を指すと理解されています。

でも実際には少しニュアンスが違うようですよ。
五臓六腑はもともと東洋医学で使う言葉で、東洋医学では「五臓」は栄養をもとに気・血・水(津液)をつくって貯えるところ、「六腑」は食べ物から栄養素を消化吸収するところとしています。
古代中国人は、生命を支える生理機能を大きく5つのグループに分け、それを「肝」「心」「脾」「肺」「腎」という5つの営みと捉えました。
つまり「五臓」とは個々の臓器を指すのではなく、1つのまとまりを持った生体の働きを指すのです。
例えば、西洋医学では肺といえば肺臓という臓器のことを指しますが、東洋医学でいう肺は、鼻・咽喉・気管・気管支・肺胞・さらに皮膚呼吸を加えた皮膚・毛穴・それに汗腺など、呼吸に必要なすべての器官を指します。

また、五臓六腑はそれぞれが単独で機能しているのではなく、対応する臓と腑が互いに協力し合って機能しています。
対応するのは、
肝↔胆、心↔小腸、脾↔胃、肺↔大腸、腎↔膀胱 です。それぞれが一定の関係で経絡でつながっています。そのためある1つの臓腑が悪くなると、関連する別の臓腑の調子も悪くなりやすいとされています。
なお、六腑の三焦は、気や津液の通路で、気化作用が行われる場所でもあります。
*津液(しんえき)=「津」は陽性の水分で、清んで粘り気がなく主として体表を潤し、体温調節に関与し、汗や尿となって体外へ排泄される。
「液」は陰性の水分で、粘り気があり体内をゆっくりと流れるもので、骨や髄を潤す。

イカの内臓を食べると肝臓にいい?

昨日(4/4)、妻とスーパーに買い物に行ったところ、おもむろにホタルイカを買い物かごにいれてきたので???と思っていたらこういうことでした。

「イカの内臓を食べると肝臓脂質が低下する」という記事が新聞に。
(平成25年4月4日付 読売新聞朝刊)img012

内容を簡単に説明すると、研究報告は富山短大の竹内弘幸教授らのグループ。
ラット実験で、イカの内臓を混ぜた餌を与え2週間後に調べたところ、肝臓脂質が約25%減少していたとの事。
実験はラット40匹を5つのグループに分けて、それぞれ違う5種類の餌で2週間行ったということなので、1グループ8匹という数が十分なデータなのか私にはわかりませんが、肝臓脂質が25%の減少というのはかなり大きな数字だなという印象です。
まだラット実験の段階なのでどうなるのかわかりませんが、イカの内臓で肝臓脂質が下がるならうれしいですよね。
現在成人男性での実験も行っているとの事。結果が楽しみです。
ホタルイカは内臓ごと食べるのでぴったりな食材ですが、ちなみにホタルイカは富山湾の春の味覚として知られているそうです。

<気になる広告>
これいいかも!へ~こんなのあるんだ、と思った商品やサービスをご紹介。

楽天で「ホタルイカ」を探してみたらたくさんありますねー。
見てると食べたくなってしまうのが人情というもの。
ここのお店は1kgを250gずつ4つに小分けしているので、2人家族の我が家には助かります。
早速注文してしまいました。

*こちらは他社さんの広告へのリンクになります。お問合せなどは直接広告主へお願いします。リンク切れの場合はご容赦ください。